2020.06.24

野田市関宿総合公園体育館の大賀ハスが咲き始めました

野田市関宿総合公園体育館の大賀ハス

当社の管理施設、野田市関宿総合公園体育館内にある夕日ヶ池の大賀ハスが咲き始めました。

大賀ハスは昭和26年に千葉市にある東京大学検見川農場(現:東京大学検見川総合運動場)で発見された弥生時代のハスの種子から発芽したハスで、約2000年前のものと見られるその種子から昭和27年7月18日に見事な花を咲かせ、当時『世界最古の生命の復活』として全世界に注目されました。

発見した大賀一郎博士の名にちなみ「大賀ハス」と名付けられましたが、発掘された種はたったの3粒。そのうち発芽したのは1粒だったそうです。

昭和29年には「検見川の大賀ハス」として千葉県の天然記念物に指定され、その後千葉市から分根を受けて栽培、この池には平成10年に11株が移植されました。

現在、当施設館長の小倉が愛情をこめて育てており、おかげ様で毎年美しい蓮の花を咲かせております。

蓮の花は開花から4日間で、花の色や開き方など日々姿を変えて咲き散っていきます。また、朝花開き昼頃には閉じていくという不思議な咲き方をします。

ぜひ少し早起きをして短くも神秘的で美しい蓮の花の姿を見に行ってみてはいかがでしょうか。

🚗野田市関宿総合公園HPはこちらhttps://www.sekiyado-sogopark.com/