2020.04.20

「2020 Jリーグシャレン!アウォーズ」手話応援の取り組み

毎日興業からのありがとう

「2020 Jリーグシャレン!アウォーズ」に大宮アルディージャが手話応援でエントリーしています!

Jリーグでは、来たる5月12日(火)にJリーグ全56クラブの活動の中から、特に社会に幅広く共有したい活動を表彰する「2020 Jリーグシャレン!アウォーズ」が開催されます。

このイベントは、今シーズンが初開催となり、昨シーズン年間25,000回を超えるホームタウン活動を通じて、地域課題や社会課題解決に向けた取り組みや、多くの協働者との連携、発信力や繋ぐ力など、Jクラブの持つ価値をいかんなく発揮している活動を共有し、その中から「Jリーグチェアマン特別賞」(仮)などの各賞の表彰を行います。
大宮アルディージャは「手話応援デー」(ダイバーシティ(共生社会))の分野でエントリーしております。

手話応援とは「サッカー応援も、ノーマライゼーション」を合言葉に、障がいのある人もない人も一緒に手話で応援し、スポーツを楽しむこと。 毎日興業が実行委員会事務局となり、2006年から始まった手話応援は、中断期間を挟んで2010年に再開し、以降毎年開催しております。

「2020 Jリーグシャレン!アウォーズ」の中間発表では、3月に締め切られました一般投票に14,000票以上が集まり、 全国56クラブの中で大宮アルディージャは投票数「1位」を獲得、そして、4月15日にJリーグ社会連携本部事務局等による予備選考を通過し、全体で15クラブの中に選ばれました。
手話応援実行委員会、後援団体、協賛企業の皆さまの多大なるご協力に感謝します。ありがとうございます。
5月の最終選考においても、良い結果をご報告出来るように祈っております。

●特設ページ:https://www.jleague.jp/sharen/awards2020/

2020Jリーグシャレン!アウォーズ_手話応援デー_レポート