先輩社員が語る働く環境やこれからの目標

24時間365日建物の安心・安全を守る。毎日興業が誇る建物設備管理のプロフェッショナルである設備管理職の皆さんに集まってもらい、働く環境やこれからの目標についてお話を伺いました。

Interview 西山 政良

さいたま西・西部支店 サブリーダー

Interview 毛利 匡希

さいたま東支店 サブリーダー
2004年入社

Interview 室井 航

さいたま浦和・与野支店
2012年入社

一緒に働く方はどのような方ですか?

西山:みんな人がいいですね。新しく入ってくる人も皆さんそういってくれます。

仕事をする上で人間関係は大切ですからね

毛利:人間関係が原因で仕事を辞めたという話はあまり聞かないですね。

西山:昔からとても人間関係は良いですね。自然とみんなが仲良くなっています。
途中で辞めてしまう子もいますが、それはもっと違うことをやりたい、専門特化してやりたいという場合ですね。
毎日興業の場合は、幅広くさまざまな業務にかかわりますから。

室井:業務範囲が広いので覚えることはたくさんありますね。

多くの業務があると思いますが、覚えていくのは大変ではありませんか?

西山:そうですね。現場へ行くとその現場ごとに仕様も違うし、機械もどんどん新しくなっていくのでシステムも複雑になっていて、人間がついていくのが大変になってきています。

仕事をしていて自分の成長を感じることはありますか?

室井:今までパートナーさんにお願いしていたものが内製でできるようになったことです。
私は電気科出身のため電気関係はある程度は元々できていましたが、水道や給排水など水回りの部分も今はできるようになりました。
周りの方の作業をみて少しずつ取り組んでいき身につけていくことができました。
毎日興業はやったらやった分だけ自分の力になっていくのでこれからもたくさん挑戦していきたいと思います。

今後身につけていきたいスキルなどは何かありますか?

毛利:資格の取得はもちろんですが、後輩への指導や育成面を伸ばしていきたいですね。

室井:私もコミュニケーションをさらにとって周りの変化にいち早く気付けるようになりたいと思っています。

西山:私はもっとお客様から直接頼ってもらえるようになりたいですね。名前を憶えてもらって呼ばれると嬉しいですから。
特徴だけで言われると「印象がなかったのかな?」と不安になってしまいます(笑)
あとは、この会社にいる以上はやはり全部直せるものは直せるようになりたいですね。
パートナーさんと一緒にビルやマンションを永く使えるようにしていきたいですね。

毎日興業に入って良かった!ということはなんですか?

室井:何でもできるようになったことですね。自宅のコンセントの増設や水栓部品の交換など自分で行っています。
あとは、この会社にいると「ありがとう」と言われることがとても多いですね。
お客様からも社内でも少しのことをしただけで先輩や上司の方からも「ありがとう」と言われます。

毛利:私も何でも直せるようになりました。数年前に家を購入した際に、通常オプションでつけるものを大体は自分でやりました。
ガスだけはできないので、ガスだけはお願いしましたがそれ以外は全部自分でできました。
あとは、大宮の街では顔が知れているのでお休みの日でもお客様から声を掛けていただけるのが嬉しいですね。

最後に今後の目標をお願いします。

西山:もっと部下たちの能力を高めていって全体を同じレベルにしていきたいですね。誰が行っても同じ品質で提供できるようにしていきたいです。

毛利:私も今、どんどん作業をこなすことは得意だけど部材の手配や調整が苦手な子、逆にそう言った部分は得意な子といる中で、
みんなが足りない部分を伸ばしていき同じレベルで広く仕事ができるように育てていきたいです。
ゆくゆくは自分のチームから支店長やリーダーを輩出することが目標です。

室井:私自身の目標としてはやれることをどんどん増やしていきたいです。
あとは、後輩の指導も行っているのでその子たちの長所を見つけて伸ばしてあげられるようになりたいです。

本日はお忙しいところお時間をいただきありがとうございました。

 

1 / 1ページ