今度の日曜日、6月4日は手話応援デーです。
障害のある人もない人も一緒に“愛してるぜ!We are ORANGE”を手話を交えて歌って、大宮アルディージャを応援しようというイベントです。
今回で9回目になります。
今回も2500名もの参加応募がありました。

このイベントの素晴らしいところは、ボランティアさんの多さです。
毎回200名を超えています。当社からも17名の職員がボランティアで支えてくれます。
皆さん、「手話応援をもっと良くしていこう」という気持ちが強くあるから、毎年進化しています。
一昨年はホーム側に「手話応援啓発ブース」が、昨年は旗と横断幕が、そして今年は手話応援席側にも「手話応援啓発ブース」がつくられます。

ボランティア活動というのは、
「自分のためではない」「おカネのためではない」ということが、
自主的に参加していくことにより「優しさを」育てる」自分を成長させていくという効果があると感じています。
利他の心がなければボランティア活動はできないと思います。
手話応援に200名を超えるボランティア
素晴らしいです。
手話応援がこんなに大きなものになったのは、ボランティアさんたちの力によるものが大きいと感じています。
感謝です。