2017-56月4日(日)NACK5スタジアム大宮 大宮アルディージャ対サガン鳥栖戦で『手話応援デー』が行われました。
特設の手話応援席に、発券ベースで2,195人が集まり、“愛してるぜ!We are ORANGE”などを手話で歌い、大宮アルディージャを応援しました。
昨年より、聴覚に障がいのある方の参加が大きく増えて、また、そのサポートをしている方々の参加も増えて、至るところで手話をしているところがみられるようになりました。
今回は新たに、手話応援席側に『手話を覚えよう・学ぼう!!手話で会話ブース』が設けられ、聴覚障がいのある方とない方との交流が行われました。
毎回少しずつ進化しています。
ノーマライゼーションの取り組みの良いところは、私たちの心に優しさを育ててくれるところです。
今回も、埼玉福祉・保育専門学校やクラーク記念国際高校さいたまキャンパスの生徒や当社の若い社員も参加しており、彼らの心に何かを残してくれているのではと思います。
次回は第10回の記念の大会です。手話応援を支えてくださっている方々の意見を聴きながら、さらに素晴らしいものにしていきたいと思います。