2月11日に行われた『第15回道路愛護のつどい』で、埼玉県道路愛護功労者表彰を受けました。
道路の不具合を発見した時に県や市にいち早く通報する埼玉県ロードレポーター制度への協力、クリーンタウン運動の協力を長く行っていることが表彰理由となっています。
当社グループには100台を超える車があり、県内を走っています。そこで、ロードレポーター制度に協力し、道路の不具合を発見すると桜木町オフィスの総務企画課に連絡、そこから県やさいたま市の土木事務所にFAXで通報しています。
また、平日は毎日、浅間町オフィスと桜木町オフィス周辺の清掃を行っています。
この二つの身近なボランティア活動、社内に定着しています。

『第15回道路愛護のつどい』では、小学生・中学生のポスターコンクールの表彰も行われました。小学校1~2年の子ども達も上手に絵が描かれているのにはびっくりしました。