6月2日(土)手話応援2018が行われました。

今回が記念すべき第10回となりました。

田部井会長が天国から観ていてくれたのか、天気は快晴、素晴らしい天候のなか実施することが出来ました。

午前11時30分、NACK5スタジアムCゲートに行きましたら、

すでにボランティアの皆さんが大勢集まられていて、300名を超えていました。

12時からスタジアムの手話応援席でミーティングを行いましたが、

これだけの人に支えられている素晴らしさを感じました。

ビジター側の席の約3分の2が手話応援席でしたが、ほぼ満席でした。

用意した「愛してるぜ!Tシャツ」1600枚もほぼなくなりました。

ホーム側のブースでは手話応援のデモンストレーションをやっていましたが、

ハマカーンの浜谷健司さん、朝倉未菜さんも参加ですごい賑わいでした。

手話応援席側ブースでは、今年も「手話で遊ぼう」コーナーが開設され、ろうの方との交流が行われました。

清水さいたま市長も参加され、再開以来9回連続です。

昨年より着実にさらに盛り上がって来ているのを感じました。

ノーマライゼーションの啓蒙・普及のための催し「手話応援」

来年はさらにもっと盛り上げて行きたいと思います。

写真は「手話で遊ぼう」のコーナーで、「ありがとう」を手話で表現をしています。