2月12日、毎日興業は46回目の誕生日を迎えました。

企業30年説がある中でここまで成長していくことが出来たのは、地域の皆様、お客様、パートナーの皆様、社員の皆様のおかげと感謝しております。

1973年毎日興業は大宮堀の内の創業者である田部井功会長のアパートで産声をあげました。その後すぐ、大宮浅間町のマーケットの一角に事務所を設け、お掃除の会社として動き始めました。田部井会長は、依頼されたことは”Yes I can”とすぐやることをモットーに、ビル設備のメンテナンス、機械警備などに業態を広げました。24時間365日年中無休で営業する大宮桜木町にある管理センターは、大宮の街を守る大事な拠点となっていきました。

それ以上に、大宮の街の人たちに教えられ可愛がられたということが、発展の礎になったと思います。そしてそれが、さいたま市内、埼玉県内、そして首都圏に広がっています。

毎日興業は「地域を大切に」の心で社員一同これからも活動していきたいと思います。

これからもよろしくお願い申し上げます。