桜木町オフィスの私の席は、お客様も社員さんもパートナー企業の方もいらっしゃるカウンターに真正面に向いております。

毎朝6時台と7時台は社員さんやパートナー企業の方が鍵を受け取りに沢山いらっしゃいます。 その方々に気持ち良い挨拶!元気の良い挨拶を!心がけております。 当然お見送りする際は「ご安全に」と声をかけます・・・この挨拶の励行は私の大切な朝の仕事と成っております。 その結果、皆さんから、社長に元気の出る挨拶をして貰ったと・・・喜んで貰える様な挨拶を心がけて行って居るつもりでしたが、 執務をしながらの、ながら挨拶をしている事の問題点を強く感じている中で・・・!

今朝、倫理法人会のモーニングセミナーにて、先生から挨拶には目的を込めなさいと指導されました。 例えば、仕事をしている人に対しては、仕事の能率が上がる様に挨拶をしなさいと。 相手の人の目的目標に合った挨拶をしなさいと・・・かなりレベルの高い指導を受けました。

確かに、挨拶も返事も全てこれは人の絆を大事にする手段です。 その目的は相手の人が、挨拶によって、喜んでくれて気持ちよく働いてくれて能率を上げてもらう事が社長の仕事である。 何事にも手段と目的がある。その目的を明確にして手段を行なう事が大事だと!

成る程、手段が目的化している行動が、多々有る事に気付きました。 仕事の目的は全て人を喜ばすことです。 この目的を達成していないモノは仕事ではなく、手段が目的化されたモノです注意しよう!

更に、執務をしながらの、ながら挨拶をしている事の問題点を強く感じています・・・!

皆様も、お客様と挨拶する時に、 歩きながら・作業しながら・挨拶をしている人は居ませんか。 チャント立止って・作業の手を休めて・挨拶をしましょう。