7月1日・2日と、くまがやドームで、スペシャルオリンピックス埼玉大会の室内競技が行われました。
馬術が東松山で、陸上競技は熊谷陸上競技場で行われましたが、その日は他の団体の総会等と重なり、開会式だけの出席でしたが、この2日間は表彰式までいて、試合を観ました。
1日はフロアホッケー、2日はフットサルとテニスとバスケットボールでした。
関東各県からだけでなく福島県からもアスリートが参加しています。
素晴らしい施設で出来るのは、埼玉県が強力に支援をしてくださっているからです。
アスリートは幸せだと思います。
非常に多くの人がボランティアとしてスペシャルオリンピックスに参加しています。
当社の取引先の社長さんが観に来ていたのにはびっくりしました。
その姿を見て、多くの人たちに案内すべきと思いました。
くまがやドーム近くの中学校のサッカー部やテニス部の子ども達が顧問教師と一緒にボランティアとして参加しました。
この日の経験は、子ども達の心に何かを残すのではと思います。優しさのある大人になってくれればと思います。
午後3時頃から表彰式が始まりました。コバトンの絵の入った金メダル、銀メダル、銅メダルが贈られます。
そして、表彰式の各パートごとに万歳。
スペシャルオリンピックスの取り組みって、私たちの心に優しさを育てます。
田部井社長よりスペシャルオリンピックス日本・埼玉の理事長職を引き継ぎましたが、この取り組みにより多くの人が参加していくことにより、日本・世界は良くなっていくのではと思いました。
IMG_2836