キャンポリーボーイスカウト埼玉県連盟は、8月3日より秩父ミューズパークにて「第3回 埼玉キャンポリー」を開催致しました。 県内ボーイスカウト900人が、5日間の野外活動を通してスカウトの理念「誓い」と「掟」の実践と、ボーイスカウト活動の「楽しさ」を学ぶものです。
●子供達に不足しているものは『自然体験』。野菜や植物を育てる・虫や動物を飼う・キャンプや自然体験教室などに通う。これらの自然体験が土台に有って初めて勉強のおもしろさが生れる・・・豊かな自然体験こそが、閃きと創造の源泉になって行く。          
●受験勉強や塾通い、稽古ごとやクラブ活動も必要なこと、しかし、人間形成の観点から考えると、ちょっと・・・。知識は豊富でも・・・創造力、自主性、協調性や思いやりに欠ける現代の子供達。いま必要なのは、自分で体験し、観察し、考える力を養うこと。   
●ボーイスカウトは、家庭や学校だけでは成し得ない、心豊かな人間教育を行っています。そんな子供がたくさん増えたら、日本の将来は明るい。ぜひ、子どもに豊かな自然体験を贈ってあげよう。  ボーイスカウト埼玉県育成会 会長 田部井 功