8月となり、今年は梅雨明けが遅いため、遅い夏本番が一気にきました。

“ 効率の良い冷房運転はどうすれば良いか ”“ 体調を崩さない冷房運転はどうすれば良いか ”を知って、上手に冷房を利用しましょう。
<今月の空調ワンポイントアドバイス>
「風量」の違いを知って、効率の良い冷房をしましょう。
「体温」の変化を知って、効率の良い冷房をしましょう。
男女の体感温度差を知って、効率の良い冷房をしましょう。
の資料を添付します。
温暖化による気候変動は深刻となっています。建物の無理・無駄を省いて「省エネ」に調整し、環境に配慮した建物を建物利用者様、オーナー様に提供することが私共、建物管理業の社会的責任です。
夏季は‘ 節電で冷房を使用しない ’ではなく、過剰に部屋の温度が下がっていないか、扉・窓を開けて冷房してれば扉・窓は閉めるなど調整をした上で、冷房を無理・無駄なく使用することが、省エネです。
 
「COOL CHOICE」:
2016年6月、政府を挙げて2030年度の温室効果ガスの排出量を26%削減(2013年度比)する目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。毎日興業㈱、㈱アクセルは賛同しています。
環境省「COOL CHOICE」ホームページ https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice