毎日興業株式会社は品質日本一!を目指した総合ビル管理(ビルメンテナンス)をご提供いたします

理念・方針

  • HOME »
  • 理念・方針

お客様に「最適環境」「感動」をお届けする、
品質日本一の総合ビル管理会社を目指しています。

経営基本理念

人が信頼を築き、信頼が社業を支え、社業をもって地域発展に貢献する。

経営基本方針

人材育成による質の高いサービスを通じて、相互信頼を築き、業績の向上を図る。

行動指針3原則

  1. 約束順守 私達は、何事も直ぐに実行します。
  2. 品質向上 私達は、常にお客様の身になって行動します。
  3. 創意工夫 私達は、知恵と努力で利益を産出します。

毎日興業の目指す姿

私たちは
社会から信頼される企業倫理と社会的責任を果たす会社
家族からも喜ばれる社員・職員を大切にする会社
お客様に愛されて感動を与える社員・職員の会社
を目指します。

毎日興業の求める組織像

私たちは
毎日興業の理念に職員・社員全員が共感・共鳴し、自主性と創造性に溢れた良い判断・行動が自然と職場内に溢れてくる組織風土
職員・社員同士がお互いに協力・連携し、お客様の要望にスピーディーに対応できる貢献意欲の高い組織
お客様からの「『ありがとう』=喜び」をたくさん頂くことで、「やりがい」や「人としての成長」を感じることの出来る組織
を目指します。

環境宣言

マイニチグループは、『お客様に安心してご利用いただける安全で快適な居住空間と地域環境の保全に努めること』が最重要課題の一つであることを認識し、『人と地球空間に優しい企業活動を通じて美しい自然環境が後へと受け継がれる社会を目指す』ことを環境基本理念とします。

当グループは、事業活動において、以下の方針に基づき環境マネジメントを行います。

  1. 事業活動が関わる環境側面を常に認識し、環境汚染の予防を推進すると共に、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  2. 事業活動に関わる環境関連法規、規制、協定等を遵守します。

事業活動が関わる著しい環境側面のうち、以下の項目を環境マネジメント重要テーマとして取り組みます。

  1. 『ムリ、ムダ、ムラ』を排するため、絶えず改善・改革を進めます。
  2. 地球に優しい生活を守るため、リサイクル、省エネ、グリーン購入を推進します。
  3. 地域やお客様に、環境に優しい商品、サービスを提案していきます。
  4. 『企業・個人は社会の一員』との考えに基づき、企業は基より社員の自主的な意思による社会活動を広げていきます。

この環境方針の達成のため、環境目的・目標を設定し、環境マネジメントを推進します。

 

社長メッセージ

日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
私たち毎日興業は1973年2月に創業者である故田部井 功が埼玉県大宮市(現在のさいたま市大宮区)にビルの清掃を主体とし創立いたしました。
創業ほどなくして、武蔵一宮氷川神社内の施設にて清掃業務を受託したことがご縁となり大宮周辺のビルオーナー様からの信頼をいただくことができました。1980年には大宮駅西口に24時間365日の管理センターを設け、機械警備・遠隔監視事業にいち早く取り組んだ挑戦により、ビル開発が進む大宮駅周辺の新築ビルにおいて実務を兼ね備えた総合ビル管理会社を確立いたしました。その後、大宮スカイビル様(そごう大宮店入居ビル)、さいたまスーパーアリーナ様等地域を代表とする大型施設の設備管理を受託し、ビルの歴史とともに経験とノウハウを積み重ねて参りました。
公共施設の指定管理者制度では久喜市総合運動公園を運営管理し、同施設内の総合体育館を「毎日興業アリーナ久喜」としてのネーミングライツを取得し、広く市民から親しまれる施設となっております。また、「大宮区役所新庁舎(2019年5月オープン)」では当社では初めての試みとなるPFI方式としての事業を取組み参画しております。
「お客様とのご縁が永く繋がるお仕事がしたい」という創業者の強い想いとともに、お客様と永くお取引を継続する上では信頼関係の構築が不可欠であるため、全従業員が徹底して「心を磨き続けること」を事業活動する上でのベースとしております。

創業時から一環して心を磨き続けてきた当社は2023年には50周年を迎えます。
これからも「施設管理のプロフェッショナル」として、お客様、建物、ご利用者様に心から寄り添い、急速に変化する時代やお客様のご要望に全従業員が応えて参ります。

毎日興業株式会社 代表取締役社長 田部井 良

PAGETOP
Copyright © 毎日興業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.